色々なパソコンの画面とタブレットとスマホ
  • ホーム
  • 文章を扱った仕事をしている人の将来

文章を扱った仕事をしている人の将来

文章を扱った仕事にはどのような仕事があり、その将来が今後どのように変わっていくのかを見ていきましょう。
その仕事内容は様々ですので、最初にどのような仕事があるのかを確認します。

最もイメージしやすいのは、フリーランスとして活動する作家や著述家、コピーライターなどかもしれません。
自らの創作活動として文章を書き、その人気に応じて印税や執筆料を得るタイプの仕事です。
仕事時間をある程度は自由に決められ、自らの文筆力に応じて売れていくという点で大きな魅力があります。
しかし、売れる時と売れない時があり、収入は必ずしも安定したものではありません。
芸能人や作曲家に近い仕事と言えるでしょう。

次にイメージされるのは、出版社や新聞社に記者として勤務し、その会社の業務の一環として新聞記事や雑誌記事を書くタイプです。
会社の企画や編集方針に沿った記事を多く書くことになるため、自由さは落ちるかもしれませんが、安定した収入を得ながら文章を書くことができるあり方です。

執筆そのものではなく、校正や本の編集作業に携わるのも文章を扱う仕事です。
雑誌や本の編集者、新聞社のデスクなどです。
また、出版社や新聞社ではなくても、一般の会社に勤務し、仕事に関する報告書やメール文、広告の作成などに携わるスタイルも、文書を扱った仕事に含めることができるでしょう。

このように文書を扱った仕事には様々な関わり方があります。
必ずしもどれか1つのやり方に特化する必要はありません。
例えば、出版社で記者や編集者を経た後にフリーランスの記者として独立する、会社に勤めて仕事に関する様々な文章を書きつつ小説やエッセイを書くといったように、いろいろな形で文書に携わる人も少なくありません。
時代を問わず、文章に携わる人は、このような経験の中で文章力を磨いてきました。

一方で、時代の変化、特にネット環境の発展によって、変化しつつある部分も少なくありません。
1つはクラウドソーシングの普及です。
かつては委託者からの執筆依頼を受けて執筆を行うことが多く、人脈が相対的に強い影響力をもっていましたが、クラウドソーシングの普及により、特段人脈の無い人でも気軽に執筆を行える環境ができてきました。
編集や校正も似たような状況にあります。
昔に比べて文章作成の労働市場は大きく広がっています。

もう1つはAIなどの認証技術の普及です。
誤字脱字やコピペチェックのようなものから、人の印象に残るようなキャッチコピーの作成まで、AI技術は、少しずつ文章作成にも影響を与えています。
報酬が安くなる、人がAIにとってかわれるということも少しずつ生じ、その将来性はあまり明るくない印象も抱かれるでしょう。

しかしながら、これまで以上に、文章を書く機会や方法が増える傾向にもあります。
誰もが気軽に文章を書いて報酬をもらい、その中で文章力や編集力を磨いていく。
文章作成の副業としての将来性も見えてきます。
ネットや技術の変化にいかにうまく適応していくかが、今後、文章に携わる人の将来性を大きく決めることでしょう。