色々なパソコンの画面とタブレットとスマホ
  • ホーム
  • インスタグラムは女性がメインのSNS

インスタグラムは女性がメインのSNS

パソコンを使用する男性

インスタグラムは最近若者の間で人気になっていますが、一言で言うと写真共有SNSで色々なフィルターをかけることで写真を編集することができます。
素敵な写真をアップすれば他のユーザーと繋がれる魅力があり、公式の関連アプリも沢山出ているので画像の加工や投稿がスムーズです。
投稿の方法は簡単で、まずアプリをダウンロードしてアカウントを開設します。
アプリの指示に従ってアカウントを作成したらすぐに撮影可能です。

インスタグラムは画像を加工できるのが魅力で、好みの明るさや色の調整をすることができます。
文章は見出し的に簡潔に書くのがコツで、長くても2行から3行以内に収めることです。
ハッシュタグで検索されるので、多くの人に投稿を見てもらいたい場合は多めにハッシュタグを付けましょう。
インスタグラムを退会する時は完全な削除と一時停止がありますが、完全に削除して退会すると二度と復旧できないので注意が必要です。
いつか復活させる可能性があるなら一時停止を選択しましょう。

インスタグラムは女性がメインのSNSと言っても過言ではなく、女性が中心になって発信しています。
エンゲージメントがFacebookの約3倍と高く、ユーザーが約1600万人もいてアクティブ率は84.7%と非常に高いです。
男女比でみるとユーザーの6割が女性なのでいかに女性の利用率が高いかがわかります。
中でも20代から30代の女性の利用率が非常に高く、写真を見ることと投稿することに特化したシンプルなSNSが人気の秘密です。

インスタグラムはコメントをつけたり送ることも可能ですが、タイムライン上は写真や動画がメインのデザインになっているのでビジュアル情報に優れています。
そのため投稿はしないで写真加工アプリとして使っている人もいるくらいです。
加工機能が充実していて様々なフィルターで簡単に写真をオシャレに加工できるので、女性から支持されています。
写真投稿をサポートする機能があるのも人気の要因で、他のSNSとの連動性が強いです。

インスタグラムは他のSNSと連動していて、撮影した写真をFacebookやTwitterにシェアすることができます。
女性がメインのSNSになっているのは、料理やファッション、飲食店などの情報をインスタグラムのハッシュタグを使って作成する人が多いのも理由の1つです。
投稿画面にいくとアカウントにも画像をアップできるようになっており、タイムラインに雑多な情報が流れ込んでくることがありません。
ハッシュタグはTwitterでも使われていますが、インスタグラムではハッシュタグの利用がより活発です。

サイト内検索
人気記事一覧