色々なパソコンの画面とタブレットとスマホ
  • ホーム
  • インスタグラムで安易にスクショしないほうがいいかも

インスタグラムで安易にスクショしないほうがいいかも

Youtubeのサイト

インスタグラムに投稿された写真や動画は、気軽にスクショして保存する事ができます。
お気に入りの写真や動画がいつ削除されても見る事ができる状態にできますが、場合によっては写真や動画をアップロードした当人にバレる事もあるので気を付けましょう。

スクショを利用した時に相手にバレる種類の投稿は、ダイレクトメッセージで送信された消える写真や消える動画です。
どちらかをスクショした時、ダイレクトメッセージを送ってくれた相手に誰がスクショしたかが通知されます。
スクショの通知は、相手の状態に関係なく行われるシステムになっています。
例えば、インスタグラムのアプリを起動していない時でも通知は送られるので、相手がアプリを起動していない時間帯にスクショをしても同じ結果になります。

インスタグラムのアプリを起動中でも通知は必ず行われるので、消える写真や消える動画を相手にバレないようにスクショするのは難しいでしょう。
ダイレクトメッセージで送信された消える写真や消える動画をどうしてもスクショしたい場合は相手に許可を取ってから行い、勝手にスクショを取る事で生じるトラブルを避けるべきです。
ただし、インスタグラムの仕様上でスクショが簡単にできる投稿もあります。
インスタグラムで普通に投稿された写真や動画はスクショしても通知は行われませんから、基本的にバレる事はありません。

通知が行われたと勘違いしやすいケースとして、インスタグラムのシステムメッセージを誤認する場合があります。
例えば、フィード画面で表示された画像をスクショをした時です。
この場合、画面上にインスタグラム上で繋がっているユーザーとシェアできるとメッセージが表示されますが、写真や動画を投稿した相手に通知される訳ではありません。
インスタグラムがコミュニケーションを促す為に表示するメッセージですから、表示されても慌てないようにしましょう。

インスタグラムは画像や動画を中心としたコミュニティーですから、投稿された写真や動画をどうしても保存したいという方が多いものです。
しかし、投稿する方が写真や動画を勝手に利用するのは遠慮してほしいと思っている事もあります。
システム上は画像や動画を自由に保存できるようにはなっていますが、便利なシステムはどれも利用者のマナー遵守を前提にした物です。
投稿されたコンテンツが何であれ、保管したい時は投稿者に一言断って許可を貰ってから行うのが投稿者と長く良い関係を保ち続ける方法です。

サイト内検索
人気記事一覧